您当前的位置:ホーム > ニュース > 業界ニュース

精密機械部品加工の段階は何ですか?

网站编辑:平湖市祥瑞機械設備製造有限公司 │ 发布时间:2018-11-30 

精密部品加工では、すべての面のすべての加工内容を1つの工程で完成させることは不可能であり、精密部品加工の全加工工程は次のように分類することができます。

1.荒削り段階。主にできるだけ生産性を上げることを考慮して、各加工面の取り代の大部分を掘り下げて細かい基準を加工してください。

2.半仕上げ段階。表面仕上げの準備として、荒加工後に発生する可能性がある欠陥には、ある程度の機械加工精度が必要であり、適切な仕上げ代を確保し、そして完全な二次表面処理が必要です。

3.仕上げステージ。この段階では、大きな切削速度、小さな送り速度、および切削深さを使用して、前の工程で残った仕上げ代を切り取り、部品の表面がパターンの技術的要件を満たすことができるようにします。

4.仕上げステージ。主に表面粗さ値の低減や加工面の強化に使用され、主に表面粗さの高い(ra≦0.32μm)表面処理に使用されます。

超精密加工ステージ。加工精度は0.1〜0.01μm、表面粗さ値はra≦0.001μmである。主な加工方法は、精密切削、精密鏡面研削、精密研削、研磨です。